メディア
ニュース
» 2023年06月05日 13時30分 公開

「日本の半導体強く」、JEITA新会長に日立社長・小島氏経済安全保障の重要さ

電子情報技術産業協会(JEITA)の新しい会長に日立製作所の社長兼CEO(最高経営責任者)である小島啓二氏が就任した。経済安全保障の重要さに触れ、「日本の半導体をもう一度強くしたい」と語った。

[浅井涼EE Times Japan]

DX推進や次世代育成にも注力へ

 電子情報技術産業協会(以下、JEITA)は2023年6月1日、新しい会長に日立製作所の社長兼CEO(最高経営責任者)である小島啓二氏が就任したと発表した。

JEITA会長に就任した小島啓二氏 JEITA会長に就任した小島啓二氏

 小島氏は就任に伴う記者会見で、近年デジタル化がますます加速していること、環境や人権への取り組みが企業価値に直結するようになってきたこと、経済安全保障への取り組みが急がれることに触れ、「JEITAはデジタル産業を代表する業界団体として、社会からの期待に応え、責務を果たしていかなければならない」とした。デジタル化の加速に関連し、ChatGPTなどの生成AI(人工知能)について「少子高齢化が進む日本で労働生産性を上げるための重要なテーマだ」と考えを示した。経済安全保障に関しては「半導体がキーコンポーネントである」とし、「半導体は多くの産業の基盤になっている。製造段階から活用方法まで、国とも議論しながら日本の半導体をもう一度強くすることに貢献したい」と語った。

 小島氏はJEITAが今後注力したいことを3点挙げた。1点目は「テクノロジーの進化と社会との調和に貢献すること」だ。継続的なデジタル化投資が行われるための事業環境を整備し、法制度など社会がテクノロジーの進化を受け入れるための環境作りを進めるという。2点目は「デジタルトランスフォーメーション(DX)のさらなる推進」。JEITAは事務局を運営する「Green x Digitalコンソーシアム」でサプライチェーン全体の二酸化炭素排出量可視化の実証実験に取り組んでいる。こうした企業単独での解決が難しい社会課題について、JEITAのリソースとネットワークを用いてデータの共有と連携、活用を行い、デジタル技術で解決を図る。3点目は「次世代の担い手を育成すること」だ。意欲ある人がデジタル技術の素養や知識を広く習得することができるよう、学び直しを含めた機会を提供していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.