メディア
エッジコンピューティングの逆襲 特集
ニュース
» 2023年12月22日 09時30分 公開

生成AIの世界需要、2030年に2110億ドルと予測日本市場も1兆7774億円規模へ

電子情報技術産業協会(JEITA)は、生成AIの世界需要額見通しを発表した。2030年の世界需要は2110億米ドルと予測され、2023年に比べ約20倍の規模となる。日本市場も1兆7774億円になるとみられ、現在と比べ15倍に拡大する。

[馬本隆綱EE Times Japan]

製造分野が生成AI需要をけん引、2030年には507億米ドルへ

 電子情報技術産業協会(JEITA)は2023年12月、生成AI(人工知能)の世界需要額見通しを発表した(概要)。2030年の世界需要は2110億米ドルと予測され、2023年に比べ約20倍の規模となる。日本市場も1兆7774億円になるとみられ、現在と比べ15倍に拡大する。

 JEITAがまとめた今回の調査は、主要国政府の政策や海外先進企業の動向など、公知情報の分析と国内先進企業へのヒアリングを基に推計した。

 世界の生成AI需要は2023年に106億米ドルとなる見込み。生成AIの適用/応用範囲は今後も広がり、市場は拡大を続けるとみられる。中でも、製造分野は大きな伸びを見込む。製造現場における業務支援や製品開発支援など、適用範囲は多岐にわたり、2030年には507億米ドルの規模になると予測した。年平均成長率は54.6%である。それ以外では、金融や公共、通信・放送分野などで、生成AIの利活用が広がるとみている。

生成AIの需要見通し(世界) 生成AIの需要見通し(世界)[クリックで拡大]出所:JEITA
生成AIの需要見通し(日本) 生成AIの需要見通し(日本)[クリックで拡大]出所:JEITA
生成AIの分野別需要見通し(世界) 生成AIの分野別需要見通し(世界)[クリックで拡大]出所:JEITA

 生成AIの需要拡大は、ハードウェア市場にも好影響を及ぼすことになりそうだ。PCやスマートフォン、ヘッドマウントディスプレイ、サーバ、記憶装置など、11品目のハードウェアについて、今後の需要を予測した。この結果、世界市場では+7.8%、日本市場では+6.0%程度の押し上げ効果が期待できるという。特にサーバなどインフラ関連装置で大きな伸びを期待している。

 生成AIに関する動向調査報告書では、市場規模だけでなく、偽情報の拡散や著作権の問題にも触れている。社会実装に向けては「環境整備が不可欠であり、国際的な枠組みやルール形成などが必要」と述べている。なお、為替レートは1米ドル=138.6円で計算した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.