メディア
ニュース
» 2013年12月05日 12時12分 公開

「Xbox One」を分解製品解剖(5/5 ページ)

[Chipworks]
前のページへ 1|2|3|4|5       

 通常、コントローラに搭載されるチップの数は少ない。Xbox Oneは個別のサブボード上に、Freescale Semiconductor製の超低消費電力のマイクロコントローラ「SCKL26Z128LL4 Kinetis」、32ビットのCortex M0+コア、128kバイトの組み込みフラッシュメモリの他、マイクロソフト製のカスタムメイドのWi-Fiチップ「X872519」を搭載している。

コントローラの分解 出典:Chipworks
出典:Chipworks

 なお、Chipworksによる分解の詳細なリポートはこちらから見ることができる。ChipworksはIP(Intellectual Property)コンサルティング向けにIC分析を実施している。Dick James氏とChristopher Young氏が今回の分解を担当した。

【翻訳:青山麻由子、滝本麻貴、編集:EE Times Japan】

関連キーワード

Xbox One | PS4 | 分解 | Xbox 360 | DRAM | Microsoft | ゲーム | ソニー


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.