メディア
ニュース
» 2014年05月21日 12時32分 公開

「Google Glass」を分解、旧型プロセッサの搭載が意味するものとは?米国で一般販売を再開(2/2 ページ)

[Joel Martin,Teardown.com]
前のページへ 1|2       

旧型プロセッサの搭載が意味するもの

 OMAP 4430は旧型のプロセッサだ。これは、開発期間の長さを物語るとともに、GoogleかFoxconnがOMAP 4430を大量に購入したことを示している。あるいは、現在のGoogle Glassが限定的なバージョンであることを示唆しているのかもしれない。もしGoogleがGoogle Glassの新しいバージョンを開発するのであれば、インテルやNVIDIA、Qualcommのプロセッサを採用するだろう。

Google GlassのBOM(部品コスト)の見積もり(クリックで拡大) 出典:Teardown.com

 Google Glassは1500米ドルで一般販売されたが、BOM(部品コスト)が100ドル以下とみられることから、GoogleはGoogle Glassから多大な利益を得られるようにみえる。ただし、長い開発サイクルやそれに関連する費用を考慮すれば、利益が出るか出ないか、ぎりぎりのところではないだろうか。

Google Glassの分解後(クリックで拡大) 出典:Teardown.com

【翻訳/編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.