メディア
ニュース
» 2016年07月25日 09時30分 公開

ソフトバンクがLTEモジュールを発表 IoT加速へ電池で10年以上駆動(2/2 ページ)

[庄司智昭,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

電池駆動で10年以上駆動

「SoftBank World 2016」で展示されていた「LTE Cat 1」モジュール (クリックで拡大)

 そこで、ソフトバンクは2016年7月20日、太陽誘電とAltair Semiconductorとともに、「LTE Cat 1」に準拠したモジュール(バンド1と8に対応)を発表した。LTE Cat 1は、上り最大5Mビット/秒、下り10Mビット/秒の通信速度を出すことができるLTEの1種である。

 Altair Semiconductorは、LTEに特化したモデムチップ製品を提供するイスラエルのベンダーである。2016年1月にソニーが約250億円で買収し、子会社となっている(関連:ソニーがイスラエルのLTEモデムベンダー買収)。

 ソフトバンクが全体のサービス統括と仕様の策定を担い、Altair SemiconductorがLTEのチップセットを開発。太陽誘電は、受動部品や通信デバイスのノウハウを生かし、モジュール化を担当した。SoftBank World 2016に出展した太陽誘電の説明員は、「複雑なものは搭載せず、シンプルな設計となっている」と語る。LTE Cat M-1には、ソフトウェアのアップデートで対応できるという。LTE Cat M-2への対応も計画中とする。

モジュールには、太陽誘電の受動部品が多く搭載されているという (クリックで拡大) 出典:太陽誘電

 通信レスポンスや通信回数によって異なるが、電池で10年以上駆動でき、低消費電力化を実現する。今後、IoTネットワークで電池駆動が期待されるスマートメーターやセンサーノード、見守りシステム向けに、ソリューションを展開していくとした。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.