メディア
ニュース
» 2021年08月12日 10時30分 公開

ルネサス、64ビットMPUに向けたPMICを発売設計負荷を軽減、部品点数も削減

ルネサス エレクトロニクスは、パワーマネジメントIC(PMIC)「RAA215300」のサンプル出荷を始めた。Arm Cortex-A55コア搭載のルネサス製汎用64ビットMPU「RZ/G2L」やビジョンAI向けMPU「RZ/V2L」などに向けて機能を最適化した。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

「DDR4」や「DDR4L」などDDRメモリをサポート

 ルネサス エレクトロニクスは2021年8月、パワーマネジメントIC(PMIC)「RAA215300」のサンプル出荷を始めた。Arm Cortex-A55コア搭載のルネサス製汎用64ビットMPU「RZ/G2L」やビジョンAI用MPU「RZ/V2L」などに向けて機能を最適化した。

 RAA215300は、6個の降圧レギュレーターと3個のLDOを搭載している。水晶発振器やリアルタイムクロック(RTC)、コイン電池/スーパーキャパシターへの充電回路なども集積した。

 DDRメモリ専用の出力としては、レファレンス用の「VTTREF」やメモリセル駆動用の「VDDQ」、ターミネーション用の「VTT」および、2.5Vの「VPP」を用意した。これにより、「DDR4」や「DDR4L」「DDR3」「DDR3L」といった外部メモリに電源を供給することができる。

 この他、4層プリント基板への対応や部品点数削減などにより、部品コストの低減や設計の簡素化などを可能にした。また、EEPROMを内蔵しておりフルコンフィギュレーションが可能である。動作温度範囲は−40〜105℃と広い。パッケージは8×8mmの56端子QFNで供給する。2022年第1四半期に量産を始める予定。

RAA215300の外観 出典:ルネサス

 RAA215300は、RZ/G2LやRZ/V2LとDDRメモリだけでなく、他のルネサス製品と組み合わせることで、早期にシステムオンモジュール(SoM)を開発できるという。ルネサスは、パワーコントローラやUSB PDコントローラ、クロックデバイスなどを組み合わせたウイニングコンビネーション「AIアクセラレーターを備えたHMI SoM」なども用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.