メディア
ニュース
» 2022年06月21日 13時30分 公開

デュアル偏波アナログビームフォーミングICを発表ミリ波帯5G向け、4チャネル対応

NXP Semiconductorsは、ミリ波帯5G(第5世代移動通信)装置に向けた、4チャネルのデュアル偏波アナログビームフォーミングIC「MMW9012K/MMW9014K」を開発、量産を始めた。

[馬本隆綱,EE Times Japan]

システム開発の期間短縮に向けた「開発キット」も用意

 NXP Semiconductorsは2022年6月、ミリ波帯5G(第5世代移動通信)装置に向けた、4チャネルのデュアル偏波アナログビームフォーミングIC「MMW9012K/MMW9014K」を開発、量産を始めたと発表した。アンテナパネルの設計を支援する「アンテナシステム開発キット」も用意している。

5Gシステムのイメージ写真 出所:NXP

 今回発売したのは、対応する周波数が28GHz帯のMMW9012Kと、26GHz帯のMMW9014K。独自のSiGe(シリコンゲルマニウム)プロセスを用いて製造する。パッケージの外形寸法は6.5×6.1×0,56mmと小さく、5G基地局装置の小型化やコストダウン、消費電流の抑制などを可能にする。

 伝搬ロスも緩和することができ、システム全体の信頼性も向上するという。また、送受信ゲインが高い。9dBmのPoutでEVM(エラーベクトル振幅)は2.5%を実現した。

 なお、用意した開発キットには、8×8アンテナパネルや、GUIと電源を備えた制御基板などが含まれるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.