メディア
ニュース
» 2015年10月08日 14時45分 公開

着座姿勢センサーで、居眠りなどの状態を検知運転者の疲労度合いを見逃さない(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

Sub-GHzで照明システムを制御

 LED照明用電源モジュールのコーナーでは、無線モジュールを組み合わせた照明制御のデモ展示を行った。スマートフォンやタブレット端末に搭載されているBluetooth Smart無線通信機能を利用した近距離の照明制御に加えて、屋外の街路灯や防犯灯を無線制御できるSub-GHz帯無線モジュールを紹介した。

照明コントローラのデモ機の内部。Bluetooth SmartやSub-GHz帯の無線モジュール(右側)をオンボードで搭載することができる

 周波数920MHz帯を利用したSub-GHz帯無線モジュールは、2.4GHz帯のBluetooth Smart無線通信に比べて、通信距離が長いなどの特長を備えていることから、広いエリアに設置された複数の街路灯を、同時にオン/オフ制御したり、調光/調色の制御をしたりすることを容易に行うことができる。

 会場では、Wi-SUN準拠のSub-GHz帯無線モジュールを内蔵した電源コントローラを使い、天井に設置したペリカンと蝶々の形をしたLED照明器具を制御するデモ展示などを行った。

CEATEC JAPAN 2015(CEATEC 2015)

CEATEC JAPAN 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.