メディア
ニュース
» 2013年05月01日 10時05分 公開

Samsungの「GALAXY S4」を分解、本丸はCortex-A7/A15の8コアプロセッサ製品解剖 スマートフォン(4/4 ページ)

[Allan Yogasingam,UBM TechInsights]
前のページへ 1|2|3|4       

8コアプロセッサ「Exynos 5410」

 8コアのExynos Octaの性能については、多くの報道があった。他のWebサイトによるベンチマークテストの結果から、同プロセッサが“市場に出ているアプリケーションプロセッサの中で最も高性能なものの1つ”と、十分に理解できる。

 Cortex-A7を4個、Cortex-A15を4個搭載したExynos 5410は、Samsungのファウンドリで製造されている。28nm世代の高誘電率膜/金属ゲート(HKMG:High-k/Metal Gate)プロセス技術を適用している。

 Exynos 5410のダイサイズは122mm2。GALAXY S IIIに搭載されている「Exynos Quad」は78.26mm2だった。

Exynos 5410のダイのマーキング(クリックで拡大) 出典:UBM TechInsights
Exynos 5410のダイのイメージ。ピンクのエリアはCortex-A7、黒のエリアはCortex-A15である(クリックで拡大)。 出典:UBM TechInsights

 Samsungは、GALAXY S IIIで、新型プロセッサを採用しただけでなく、DRAMのプロセスノードも変更していた。GALAXY S4では、Samsung製のLP(Low Power) DDR3「K4E4E324EB」が搭載されている。

Samsung製のLP(Low Power) DDR3「K4E4E324EB」が搭載されている(クリックで拡大)。 出典:UBM TechInsights

 GALAXY Sシリーズの総販売台数は1億台を超える。GALAXY S4も、GAKAXY S IIIの勢いに続くことができるだろうか。それとも消費者は、毎年アップグレードされるスマートフォンにうんざりしてしまうのだろうか。技術的な観点では、GALAXY S4は、前世代に比べて性能が上がっている。買い替えるに値するほど高性能かどうかは、時がくれば分かるだろう。

【翻訳、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.