メディア
ニュース
» 2013年04月25日 09時00分 公開

ARMの次期CEOが抱える10の課題(前編)ビジネスニュース オピニオン(3/3 ページ)

[EE Times]
前のページへ 1|2|3       

【4】Windows ServerのARM対応版を投入する

 ARMのサーバー向けSoC(System on Chip)は、まず、大規模データセンターのLinuxシステムが対応する見通しだ。しかし、ビジネスコンピューティング市場に参入するには、Microsoftの「Windows Server」のARM対応が不可欠だ。

 これについては、実現が可能だろう。ARMはその実現に向け、間接的なアプローチを取っている。ARMベースのSoC向けLinuxのソフトウェアエコシステムの構築が、2013年から始まるのだ。Microsoftもこの動向に注目しているという。


関連記事1:超小型サーバを作るには――ARMプロセッサの選び方
関連記事2:ARMが64ビットアーキテクチャを発表も、サーバ市場での勝負はまだ不利か

【5】エクサスケールコンピューティング市場に参入する

 中国、欧州、米国は、エクサスケールレベルの性能を有するコンピュータの実現に向けて、スーパーコンピュータイニシアチブを立ち上げている。スーパーコンピュータは数十億台の処理ノードを使用する場合もあるため、消費電力は重要課題の1つだ。そのため、ARMが参入するチャンスも大きい。

 ARMには、NVIDIAという強力なパートナーがいる。NVIDIAは、開発環境「CUDA」の他、汎用グラフィックスプロセッサ(GPGPU)でも幅広い支持を集めている。GPGPUは、処理効率に優れたコプロセッサとして、現在のペタスケールシステムに採用されている。NVIDIAは、モバイルシステムからスーパーコンピュータまで幅広い製品ライン向けに、ARM対応版のCUDAを開発中である。

 ARM対応版CUDAが成功するには、高性能コンピューティング分野での積極的な支援が必要だ。エクサスケールイニシアチブは、ARM対応CUDAを投入する絶好の場となる。その一方でARMは、NVIDIAだけに依存すべきではないと考えており、オープンソースのOpenCL環境をベースとしたHSAについては、AMD(Advanced Micro Devices)と協力している。

 なお、OpenCLは、CPUにGPUやDSPなどのヘテロジニアス(異種混在)な計算リソースを利用する並列コンピューティングに向けてC言語を拡張した、プログラミングフレームワークである。ARMにとって重要なのは、積極的な姿勢を崩さず、ただしこだわりは捨てる、ということになるだろう。


関連記事1:サーバ分野で新たな黄金時代へ、ARMプロセッサが挑む
関連記事2:IntelのCentertonは性能不足、ARM陣営にもマイクロサーバ市場に参入の余地

【翻訳:青山麻由子、滝本麻貴、田中留美、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.