メディア
ニュース
» 2013年08月07日 19時40分 公開

【NIWeek 2013】“第4次産業革命”をNI製品で起こす――基調講演からテスト/計測(2/2 ページ)

[佐々木千之,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

「Programmable World」の到来を背景に

 CPSも聞き慣れない言葉だが、あらゆるデバイスにCPUが搭載されるようになったことでさまざまなハードウェアをプログラムできる「Programmable World」(プログラム可能な世界)の到来を背景として、5G無線規格の研究開発、次世代スマートグリッド、ロボティクスによるリハビリテーション、巨大望遠鏡のミラー制御など、あらゆる産業、アプリケーションにわたって影響を与えるという。NIはLabVIEWとDAQ、RIOなどの製品群を組み合わせることで、CPSを提供していくという。

急速に広がるCyber Physical Systemsのインフラ (クリックで拡大)

「LabVIEW2013」を発表、「GoogleGlass」との連動デモも

 Truchard氏に続いて講演したStarkloff氏は「今やカスタムデザインは死滅し、プラットフォームとなるものを作るか、プラットフォームの上で作るかだ」と述べ、NIが持つ強力なプラットフォームとして新製品「LabVIEW 2013」を紹介した。LabVIEW 2013には、テンプレートやサンプルプロジェクトの追加、ブックマークマネージャによるコメントの一元管理、アプリケーションビルダを使った配布パッケージへの関連ドライバの自動追加、Webサービス機能強化などの新機能が追加されている。また、LabVIEW Tools Networkにおけるアドオンソフトは175以上、そのダウンロード累計は200万を超えたことも付け加えられ、LabVIEWプラットフォームが開発者にいかに支持されているかをアピールしていた。

「Data Dashboard for LabVIEW」アプリのダウンロード数は3万5000を超えたという。現在Data Dashboard for LabVIEWはiOS/Androidタブレット向けに提供されているが、これはGoogleGlassによるデモンストレーション。将来このようなウェアラブルディスプレイを利用することで、両手で自由に作業をしながらデータをチェックすることが可能になるという (クリックで拡大)

 もう1つ同日発表した、ソフトウェア設計型コントローラの新製品「cRIO-9068 Software-Designed Controller」は、ザイリンクスの「Zynq-7020 All Programmable SoC」を搭載したことで処理能力が従来製品の4倍に向上、LinuxベースのリアルタイムOSの採用でC/C++アプリケーション開発が可能になっている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.