メディア
ニュース
» 2014年03月17日 09時00分 公開

1年でマイク用MEMSトランスデューサ1億出荷達成――新日本無線ビジネスニュース 企業動向(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

生産能力は、量産開始時の4倍に

 MEMSトランスデューサの生産は、同社川越製作所とエヌ・ジェイ・アール福岡で行っている。2013年7月には生産能力を量産開始時の月産500万個から、1000万個と2倍に拡大した。さらに2013年10月にはUMCと生産委託契約を結び、UMCの8インチウェハーを使った製造ラインを確保、さらに月産1000万個規模の生産能力を上乗せした。これにより、新日本無線におけるMEMSトランスデューサの生産能力は月産2000万個体制となった。

取締役執行役員で半導体販売事業部長を務める村田隆明氏

 同社の取締役執行役員で半導体販売事業部長を務める村田隆明氏は、「当社で第2世代と呼ぶMEMSマイク向け製品も開発中だ。現行のMEMSトランスデューサは1.3mm角だが、開発中の製品は1.1mm角と小さく、小型化を実現しながら感度も上げる。振動する面積が小さくなっても、振動しやすくすることで容量の変化量が大きくなるように工夫した。組み合わせて使う増幅用アンプもローノイズ化の要求に対応できる設計とした」と話す。

 さらに、マイクロコントローラと直接接続できるよう、内部にA-Dコンバータを取り込んだデジタル出力の増幅アンプ製品も開発中である。これらの新製品は2014年4月以降の市場投入を予定している。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.