メディア
ニュース
» 2014年11月25日 10時25分 公開

テラFLOPSを達成、イマジネーションの次世代GPUコアET 2014(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

2ファミリ「Series7XT」「Series7XE」

 PowerVR Series7は、2つのファミリが用意されている。1つは2〜16クラスタベースの「Series7XT」である。AEPと10ビットYUVを標準でサポートする。各クラスタには32個のマルチスレッド‐マルチタスクALUコアが内蔵されている。GPUとしては2クラスタ構成の「GT7200」、4クラスタ構成の「GT7400」、6クラスタ構成の「GT7600」、8クラスタ構成の「GT7800」そして16クラスタ構成の「GT7900」を用意している。スマートフォンやタブレット端末から、ウルトラHD TV、3Dゲーム機器、高性能コンピュータなど、ミッドレンジからハイエンドまで幅広い用途に向ける。メモリのセキュアゾーンも増やした。従来、セキュアゾーンと非セキュアゾーンのみだったが、これとは別に銀行用アプリケーションや健康管理用アプリケーションなどを格納する6つのセキュアゾーンを設けている。

 もう一つは「Series7XE」である。1クラスタ構成で、最大32個のマルチスレッド‐マルチタスクALUコアを搭載する。GPUとしては16コアの「GE7400」と32コアの「GE7800」がある。エントリレベルからミッドレンジのモバイル機器などの用途に向ける。

PowerVR Series7XTのGPU回路ブロック図 (クリックで拡大) 出典:イマジネーション・テクノロジーズ
PowerVR Series7XEのGPU回路ブロック図 (クリックで拡大) 出典:イマジネーション・テクノロジーズ

 同社はすでに、PowerVR Series7XE/XTのライセンスを開始しており、「これまでリードライセンシ2社と契約した」という。早ければ2年後にもSeries7XE/XTを実装した機器が商品化されそうだ。

 ブースでは、PowerVR Series6XT/6XEなどのGPUコアを搭載した各社のスマートフォンやタブレット端末が展示され、表示デモが行われた。ルネサス エレクトロニクスもパートナーとして、車載情報端末向けSoC「R-Car H2」を用いたマルチディスプレイシステムのデモ展示を行った。

左はPowerVR Series6XT/6XEなどのGPUコアを搭載した各社のスマートフォンやタブレット端末での表示デモ、右はルネサス エレクトロニクスの「R-Car H2」を用いたマルチディスプレイシステムの表示デモ (クリックで拡大) 出典:イマジネーション・テクノロジーズ

 R-Car H2は、「Cortex-A15」、「Cortex-A7」、「SH-4A」といったCPUコアに加えて、PowerVR「G6400」コアなどを搭載し、ダッシュボードシステムやリアシートモニタなど3つのディスプレイを1チップで制御しているという。

特集:Embedded Technology 2014

特集ページはこちらから

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.