メディア
ニュース
» 2012年09月03日 13時15分 公開

2012年Q2の半導体売上高、上位10社は軒並み業績不振にビジネスニュース 業界動向(2/2 ページ)

[Dylan McGrath,EE Times]
前のページへ 1|2       

 IHSによると、日本の半導体メーカー全体では、2012年第2四半期の売上高が2012年第1四半期から7.5%減少したという。東芝やルネサス、富士通セミコンダクター、三菱電機といった主要企業の売上高が大幅にダウンしたことにより、半導体メーカー全体の売上高の低下に大きな影響を与えることとなった。

 ただし、Ford氏は、「これは日本の半導体メーカーの売上高成長の典型的なパターンだ。売上高は、年度末の3月に増加し、次年度の第1四半期である4月から6月にかけて減少する。日本の半導体メーカーの売上高は、2012年第3四半期(7月〜9月)には回復するだろう」と述べた。

 半導体売上高ランキングの上位10社のうち、Qualcommの2012年第2四半期の売上高は前年同期比で23.7%増となり、第2四半期として最も高い業績を計上した。これにより、同社はランキングの順位を2011年の7位から4位に上げている。Broadcomの売上高は前年同期比で10%増加し、同ランキングの10位から9位に上がった。

photo 図2 2012年第2四半期の半導体売上高ランキング(単位は百万米ドル) 出典:IHS iSuppli

 世界第2位の半導体メーカーであるSamsung Electronicsの2012年第2四半期における売上高は、前年同期比で5.8%増加した。IHSはその主な要因として、Samsung Electro-Mechanicsの買収を挙げている。

【翻訳:青山麻由子、平塚弥生、編集:EE Times Japan】

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.