メディア
ニュース
» 2012年05月22日 16時24分 公開

バスルームの照明がGoogleの株価に応答? Apple、Facebook出身者の挑戦無線通信技術 M2M(4/4 ページ)

[Peter Clarke,EE Times]
前のページへ 1|2|3|4       

クリスマス前には最終製品が市場に

 Electric Impは、このIoTメモリカードを2012年6月末までに開発者向けに発売する予定だ。価格は、前述の通り25米ドルに設定する。さらに同社は、小型ボードにメモリカード用ソケットとIDチップ、電源回路などをまとめた開発キットも10米ドル程度で提供する計画だ。

 同社はこれらを消費者向け機器の開発者向けに用意しているが、学生や趣味として楽しみたいユーザーも購入できるようにする。「アジアと米国で消費者向け機器を手掛ける複数の企業が、先行して評価を進めているところだ。趣味として楽しむユーザーも、ぜひ使って感想を教えてほしい」(Fiennes氏)。

図5 Electric Impの開発ボード(クリックで画像を拡大)

 同氏によると、Electric ImpのIoTメモリカード用スロットを備える消費者向け機器は2012年のクリスマスプレゼントの時期に市場に出回るようになる見通しだ。それに向けたIoTメモリカードの量産準備も進めており、中国に生産ラインを立ち上げる。ここでも、同氏がApple時代にスマートフォンで培った人脈と経験が生きるという。

ワイヤレス設計(Wireless Design)特選コーナー

ワイヤレス設計
携帯電話などの高速移動体通信から、応用が広がる近距離無線、新領域として注目を集めるミリ波通信まで、各種無線システムの設計に不可欠な部品やツール、標準規格や認証テストの最新動向を追う!

>>コーナーTOPはこちらから


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.