メディア
ニュース
» 2013年10月15日 10時30分 公開

ITSに欠かせない“C2X”用通信ICで先行するNXPの戦略ビジネスニュース 企業動向(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

C2Xを実現するソフトウェア無線プロセッサ

 Turley氏は、「コネクテッドカー」を実現するために重要となる技術の1つとして「高度なセキュリティ」を挙げた。同社はセキュリティ対策として、CAN/LINやイーサネットなどで構成される車載ネットワークにおいて、セキュアエレメント(SE)を追加した。Turley氏によれば、「セキュアエレメントのセキュリティレベルは、銀行やパスポートなどに用いられているチップと同等レベルである。その上、自動車用途の要件を満たしている」という。無線通信による外部からのハッキングなどに対してもセキュリティを担保している。

左図の緑色で囲まれた部分が車載ネットワークに追加されたセキュアエレメント。右図はECU部に搭載されたセキュアエレメント (クリックで拡大) 出典:NXPセミコンダクターズジャパン

 記者説明会では、C2CやC2IなどCar-to-X(C2X)の実現に向けたソフトウェア無線プロセッサ「SAF5100」のサンプル出荷を始めたことを発表した。SAF5100は、ハードウェアの回路を変更することなく、実装するソフトウェアを変更すれば無線通信方式を切り替えることができる。デュアルチャネル/デュアルアンテナ処理などの構成も可能である。Cohda Wirelessが開発したIEEE802.11p対応ファームウェアを搭載したコネクテッドカー向けリファレンスデザイン「MK4」にはSAF5100が使用されている。SAF5100は外形寸法が12×12mmのLFBGAパッケージで供給される。

左図はサンプル出荷を始めたSAF5100。右はRFシステムのリファレンスデザインで第1世代品は2チップ構成だが、第2世代品では1チップとする予定だ (クリックで拡大) 出典:NXPセミコンダクターズジャパン

 なお、SAF5100を応用したC2X通信の事例として「緊急車両警告」や、「曲がり角での状況確認」、「ハザード警告」などを紹介した。同社ではこうしたサービスを実現することで、「安全性の向上と交通渋滞の回避が可能になる」とみている。

SAF5100を応用したC2X通信の事例 (クリックで拡大) 出典:NXPセミコンダクターズジャパン
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.