メディア
特集
» 2014年10月15日 10時25分 公開

無数の機器をスマホで制御可能な「Bluetooth Smartのメッシュ技術」無線通信技術 Bluetooth(2/2 ページ)

[馬本隆綱,EE Times Japan]
前のページへ 1|2       

理論上、1つのネットワークで6万台が接続可能

 1つのCSRmeshネットワーク上には、理論的に6万5000台以上のBluetooth Smart対応機器を接続することができる。複数のネットワークを組み合わせることにより、ほぼ無限大のBluetooth Smart対応機器を接続して、スマートフォンなどの端末から直接制御できる可能性がある。

 Ahmadi氏は、CSRmesh応用の一例として、スマートホームを紹介した。家庭内にあるカーテンや照明機器、スプリンクラー、空調機器、オーディオビデオ機器など、60〜80個の製品がCSRmeshネットワークに接続され、スマートフォンで制御することができるようになるという。さらに、サムスンが提供を始めたCSRmesh応用の家庭用照明制御システムもビデオで紹介した。

ビーコン技術などと組み合わせ新サービスも

 さらにAhmadi氏は、CSRmeshネットワークの普及を加速するための「サービスプラットフォームを整備していく」と述べた。クラウドシステムと連動した大規模なサービスプラットフォームも検討している。そのために、「インドアナビゲーション技術やビーコン技術、アセットトラッキング技術などを組み合わせた新しいサービスの可能性を追求していく」考えである。

CSRmeshネットワーク技術をベースに、インドアナビゲーション技術やビーコン技術、アセットトラッキング技術などを組み合わせた新しいサービスプラットフォームを提案していく (クリックで拡大) 出典:CSR

 既に、商業店舗などではクラウド連動型のプロジェクトが進行中である。購入履歴や売れ筋製品の管理データに基づく店舗のレイアウト変更や、ビーコンエリア内にいるスマートフォンを所持する消費者へのクーポン発行などが行われているという。街灯や電柱などにCSRmesh対応のビーコンを設置しておけば、公共性のあるエリア情報も、速やかにCSRmesh対応のIoT機器に送信することができる。Ahmadi氏は、「町単位のネットワークも容易に構築することが可能となる。しかも、CSRmeshは受信した信号をリピートするので、通信のロバストネスも高い」と、ネットワーク構築やセキュリティに関わる有用性を強調した。

CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)

CEATEC JAPAN 2014特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.